ブログ > 【集客にお困りの方必見】今すぐ実践できる店舗集客方法をご紹介!

【集客にお困りの方必見】今すぐ実践できる店舗集客方法をご紹介!

集客とは?

集客とは、自社の商品やサービスを提供するうえで顧客を呼び込み、興味を持ってもらうことです。集客が見込めない場合は、商品やサービスの売上が期待できません。
集客によって、より多くの人に認知してもらい、店舗を利用してもらう必要があります。

今すぐ無料でできる!店舗集客のアイデア

集客にはさまざまな方法があります。こちらでは、すぐに無料で実践できる店舗集客のアイデアを方法別にご紹介します。

①店舗

店舗で実施できる3つの具体的な集客アイデアについてご紹介します。

看板

看板は、来店者数を左右する重要な集客ツールです。店舗周辺を通行する人に興味を持ってもらえる手段となります。まずは、看板の設置場所、大きさ、文字の色や大きさを工夫し、店舗の存在を知ってもらうことが大切です。

次に、店舗の魅力を知ってもらうために、写真やイラストを使って商品やサービスをアピールします。看板を設置するうえで大切なポイントは、お店の情報を正しく伝えること、怪しさを感じさせず入店しやすくすることです。興味を引き、安心感を持ってもらえるようなデザインを目指しましょう。

セミナー・イベント

集客のために、自社主催のセミナーやイベントを実施する方法です。セミナーやイベントを開催するうえで一番大切なことは、目的を明確にすることです。自社製品やサービスを知ってもらう認知拡大、新規顧客獲得、ファンづくりなど、目的によって内容は変わってきます。

次に、目的に合わせたターゲットを設定し、ターゲットに合わせた企画を立てます。ほかのセミナー・イベントにはない独自性やお客様がわざわざ足を運んで良かったと思えるような工夫も必要です。

クーポン

集客数を増やす手段のひとつとして、クーポンの活用もおすすめです。クーポンで割引や特典を付与することによって、新規顧客やリピーターの獲得が期待できます。また、「〇〇を購入したら××の特典が付く」など、クーポンを利用することによって、顧客単価を上げる効果も期待できます。

②Web

Webを使って無料でできる3つの集客アイデアをご紹介します。

Google ビジネス プロフィール

Googleビジネスプロフィールはこちら

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)とは、Googleが提供しているビジネスオーナー向けの情報ツールです。登録すると、GoogleマップやGoogle検索エンジンに店舗情報が表示されます。

例えば、スマホなどで「ラーメン 渋谷」などの探したい店舗を検索した際、店舗情報として地図や現在地からの距離、評価などが一緒に表示されます。Googleの口コミなどを参考に認知され、集客効果が期待できます。

ランディングページ

VALUE GATE×steraのLPはこちら

ランディングページ(LP)とは、GoogleやYahoo!などの検索サイト、バナー広告などの広告を経由して最初にアクセスするページです。一般的なWebサイトは、基本的に売り上げに直結しにくい特徴があります。
しかし、ランディングページは、関連ワードで検索しているユーザーやバナーを見たユーザーが訪れるので、ターゲットに対してピンポイントに訴求できる特徴があります。

SEO対策

株式会社トリニティのページはこちら

SEOは、GoogleやYahoo!などの検索サイトからアクセスを集めて、自社サイトやホームページ内で集客する方法です。検索結果でコンテンツを上位表示させることによって、多くの人の目に止まって認知されやすくなり、集客効果が期待できます。自社サイトが上位表示されると、広告費をかけなくても継続した検索流入が見込めます。

③SNS

現在、多くの人がスマホを所有しており、SNSによる集客は、高い効果が期待できます。こちらでは、SNSの種類別に集客方法をご紹介します。

Instagram

株式会社トリニティInstagramはこちら

Instagramの国内ユーザー数は、2019年3月時点で3,300万人と発表されています。特に、流行に敏感な20~30代の利用者が多いのが特徴です。Instagramは、写真や動画など視覚的な訴求に優れているSNSなので、商品やサービスを画像や動画で効果的に紹介できます。プロフィール画面にURLリンク、問合せボタン、電話ボタン、予約ボタンなどのボタンを設置することも可能です。情報を見つけ得たユーザーは、次のアクションを起こしやすくなります。

Twitter

株式会社トリニティTwitterはこちら

Twitterの国内ユーザー数は、2017年10月時点で4,500万人と発表されています。2021年に総務省が行った調査によると、10~60代では40%以上の使用率を誇り、幅広い年齢層に支持されているのが特徴です。特に10代の使用率は60%となっており、若年層をターゲットにした集客にも向いています。

ほかのSNSと大きく異なる特徴は「ハッシュタグ」と「リツイート(拡散)」です。ハッシュタグは、ユーザーが情報を効率的に探せます。リツイートによって拡散されれば、多くの人の目に止まるチャンスも広がります。

Facebook

株式会社トリニティのFacebookはこちら

Facebookの国内ユーザー数は、2019年10月時点で2,600万人と発表されています。2021年に総務省が行った調査によると、30代の利用率が48.0%と最も高くなっており、ほかのSNSに比べビジネス層の利用者が多いといった特徴があります。Facebook広告では、ユーザーのプロフィールや行動履歴などをもとにしたターゲティングが可能です。

LINE for Business

ポイントカードの発行は、ユーザーの満足度向上やリピートを促進する効果がありますが、デザイン・印刷など費用がかかります。顧客側にとっても、入会が面倒、財布が重くなるなどの点がデメリットです。これらを解決する施策として、LINEを活用した会員証やポイントカードがあります。ユーザーは店舗のアプリをわざわざダウンロードしなくても、いつも使用しているLINE上でサービスの利用が可能です。双方のデメリットを大幅に減らし、集客効果も期待できます。

YouTube

株式会社トリニティのYouTubeはこちら

2021年に総務省が行った調査によると、YouTubeは全年代で85%以上の利用率を誇ります。店舗・商品・サービスなどの魅力を動画で見てもらうことによって、「行ってみたい」「使ってみたい」「体験してみたい」など、ユーザーの興味を引くことができます。商品の使い方や使用手順などを時系列で紹介できるほか、まるで体験しているかのような臨場感を与えることも可能です。

TikTok

TikTokとは、15秒から3分ほどの短い動画を投稿できるSNSです。全世代の利用率は少ないものの、10代では50%以上の人が利用するSNSで、若年層をターゲットとしている場合は高い集客が見込めます。短い動画で作りやすく、拡散力が高いため、店舗側の負担が少ないのも特徴です。また、動画の評価が高かった場合、動画が再利用されて何度も「おすすめ」に表示されるので認知拡大が期待できます。

さらに効果的な集客を目指すには?

無料でできるさまざまな集客アイデアをご紹介しました。ここからは、さらに効果的な集客を目指すためのアイデアをご紹介します。

広告

広告は、有料ではあるものの、集客に高い効果が期待できます。こちらでは4つの有料広告をご紹介します。

折込チラシ

折り込みチラシとは、新聞に折り込まれるチラシです。配布地域や配布日などを自由に決めることができます。地域密着型の店舗の集客にも効果的です。店舗周辺の顧客にアピールできる、短期間で集客できる、主婦層・高齢者層にアピールできるといった特徴もあります。

Web広告

Web広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、キーワード検索に連動して配信される「リスティング広告」、バナー広告などの「ディスプレイ広告」、ニュースサイトの記事やSNSのフィードの中に記事と広告を自然に溶け込ませる「ネイティブ広告」など、さまざまな種類があります。有料ではありますが、細かなターゲティング設定ができ、少額から始められる点がメリットです。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、インターネットを利用した広告プログラムの一種で成果報酬型の広告です。広告は通常、掲載することで費用が発生します。アフィリエイト広告は、Webサイトやブログ、SNSなどのメディア運営者がアフィリエイト・サービス・プロバイダを通して広告を出稿し、バナーやリンクがクリックされる、商品が購入されるなど、広告主があらかじめ設定したアクションを取られることによって、広告費用が発生する仕組みです。購入をアクションとした場合、顧客が購入しない限り、広告費用は発生しません。費用対効果が高く、無駄な広告費を抑えられます

スマホアプリ内広告

スマホde販促はこちら

スマホアプリ内広告とは、ユーザーが無料でインストールしたアプリを使用する際に表示される広告です。バナー広告や全画面広告など、広告の種類も多数あります。広告費用は、広告が表示されるたびに発生する、広告がクリックされると発生する、商品やサービスが購入されるなどのあらかじめ設定したアクションが取られた場合に発生するなど、さまざまなパターンがあります。

ポイントサービスの活用

顧客は店舗を訪れる際に、付加価値があれば満足感を得ることができます。しかし、面倒な手続きや負担は敬遠されがちです。
最近では、アプリをインストールすることなく利用できる便利なサービスが登場しています。月額の負担額も少額で済むものが多いので、活用してみるのも良いでしょう。

顧客の会員化

顧客を会員化することによって、利用頻度や金額に応じて特典やサービスを提供する方法です。自社ブランドが複数ある、チェーン店で展開しているなどの場合は、どのブランドや店舗を利用してもポイントが統合されるようにしておけば、系列店の集客アップも狙えます。アプリを入れる手間がない、ポイントカードを持ち歩かなくても良いなどの「さらなるプラス要素」があれば、顧客の利便性も向上し、リピート率や顧客単価の向上も期待できるでしょう。

実際に弊社のポイントサービス「VALUE GATE」を活用している店舗では、お客様を集めるために共通ポイントの加盟店になって新規の集客を実現したり、顧客満足度向上のために自社の独自ポイントを構築してリピート促進し、離販防止を実現しています。導入前より一日の利用客数が1.3倍~1.5倍に増加するケースが多く見られています。

キャンペーン

ポイントサービスがあれば、同じ商品を買うとしても、ポイントが付くお店で買いたいという顧客の購買意欲をそそります。商品やサービスの利用時にポイントを貯められるだけではなく、ポイント2倍デーや来店ポイントなどの付加価値をつければ、さらなる集客向上も狙えます。

ターゲティングメール

ターゲティングメールとは、メール配信を許可しているユーザーのうち、性別・年齢・居住地・興味があるジャンルなどで対象者を絞って配信するメールのことです。顧客にとっては興味のある有益な知らせが届き、企業にとってはターゲットを絞ってメールを配信できます。ポイントサービスと組み合わせて「誕生日月のお客様」など、特定のターゲットにポイント付与のお知らせを配信することも可能です。

会員のロイヤルカスタマー化

商品やサービスを継続的に購入してくれる優良顧客とは違い、ロイヤルカスタマーは売上貢献が高いことに加え、企業やブランドに信頼を寄せてくれている顧客を表します。ロイヤルカスタマーは、商品や企業のファンになってくれることで、SNSなどに情報を自ら発信してくれたり新しい顧客を連れて来てくれます。企業は、既存会員がロイヤルカスタマー化するために、何をすれば良いのかを探求し続ける努力が必要です。
よく見かけるものとしてはランク制度があります。継続的に商品を購入してくださるお客様は、ステータスを見える化することで優越感を感じ、より購買意欲がそそられる傾向にあります。実際に売上全体の80%をロイヤルカスタマー20%が担っていると言われています。
例えば、もう少しで会員ランクが上がると気づいた時に購買金額が上がってしまったことはありませんか?これは、お店にとってロイヤルカスタマー化の成功となるわけです。
弊社ではロイヤルカスタマー(=お店にとっての重要顧客)化する仕組みをご提供しています。

ポイントサービス「VALUE GATE」についてもっと知りたい>>

業界別!集客のアイデア

ここからは、おすすめの集客アイデアを業界別にご紹介していきます。

飲食店に最適な店舗集客アイデア

飲食はお腹が空いたから行く場合と、食べたいものがあるから行く場合の2つの目的があります。たまたま目について気になったから入店する場合には、看板が効果的です。

一方、目的を持って来店してもらうためには、お得感を感じられる「クーポン」や、話題の店だから行ってみたくなるという「SNS」が効果的です。さらに「東京 焼肉」など、場所とジャンルを組み合わせて店舗を探す人も多いので、Webによる集客も向いています。

小売店に最適な店舗集客アイデア

小売店の場合は、似たような商品が他店舗でも売られている可能性があります。チェーン店の場合は、近くに2店舗ある場合どちらに行くか悩むこともあるでしょう。

小売店の場合は、商品そのものの魅力はもちろんのこと、付加価値を付けることが大切です。小売店の場合は、清潔さや接客の良さ、立地条件などの付加価値によって集客力に差が出ます。店舗・商品・サービスの魅力を存分に伝えられるWebやSNSを上手に活用するのがおすすめです。また、ほかの店より安く購入できるというクーポンや会員証なども付加価値として利用できます。

商業施設に最適な集客アイデア

デパートやショッピングセンターなどの商業施設は、さまざまな場所に多くの類似店があるため、集客に苦戦することもあるでしょう。実際に足を運んでもらうことによって、商業施設の魅力を知ってもらい、リピートにつなげます。わざわざ行く価値を与えるためには、イベントが効果的です。ファミリー層を狙ったキャラクターショー、特定のターゲットを狙ったワークショップなど、どのようなターゲットを集客したいかによってイベントの目的を決定します。

さらに、イベント開催を周知するため、WebやSNSなどのデジタル集客も必要になります。また、系列施設・関連施設などでポイントが貯まるなど、顧客の付加価値を高める集客も効果的と言えるでしょう。

ホテルに最適な集客アイデア

ホテルや旅館などの集客方法は、旅行雑誌や旅行サイトに掲載する方法が主流でした。しかし、スマホの普及によって、目的の情報を自分で簡単に探せるようになった今は、雑誌やサイトの掲載に加え、口コミやSNSでの集客が大きなポイントとなっています。

先にご紹介したようなWebやSNSの施策を活用し、写真や動画を使ってホテルの魅力を存分にアピールすることが大切です。付加価値を与えるようなクーポンや会員証なども訪れるきっかけになります。さらに、スイーツフェアやヨガイベントなど、ターゲットを明確にしたフェアやイベントを開催するのもおすすめです。

まとめ

無料や有料でできるさまざまな集客アイデアをご紹介しました。企業の規模や業種によって効果的な集客方法は異なります。
しかし、どのような規模や業種でも、顧客に満足感を与えることはリピート率、情報の拡散力、新規顧客の獲得に繋がります。さまざまな集客アイデアをご紹介したので、ぜひ参考にしてください。

 

 

お問い合わせ